日本共産党 大郷町議会議員 千葉勇治

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政処分内容調査せず、住民バス運行業務委託問題 委託は従来の第3セクへ

<<   作成日時 : 2015/02/14 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おおさと民報692号 2月9日、第1回大郷町臨時議会が開かれ、町の住民バス運転業務管理をこれまでの「鰍ィおさと地域振興公社(大半の出資が大郷町)の第3セクター」から、これまで振興公社で働いていた方々を再雇用し、その運転手の教育管理が期待できるという理由で「潟Aスカ観光」に指定管理者を委託することが提案されました。私は@点呼の記録義務違反A初任運転者及び高齢運転者に対する適性診断受診義務違反の2件について26年8月20日に東北運輸局から行政処分を受けてからまだ日が浅いのに指定するのは早すぎるのではと指摘。その意見に対し議長除く13人の議員中6人が賛同・反対したものの、7議員の賛成で僅か1票差で可決成立されてしまいました。私は、委託料もこれまでの公社委託よりも同じ運行内容で15%以上も高くなる事も含め、住民からの苦情解決には、公社自身はもちろん、大株主である町からの強力な管理・指導の徹底を条件に、公社に委託すべきであると提案、反対討論しました。私は民間に委託されることに伴いこれまで以上に住民の安全・安心を守るために厳しくチェックしていかなくてはと考えています。今週号は、それらの千葉の質疑内容と、裏ページには、平成19年に強引に工事が進められ、1憶7000万円の大穴をあけた「ファームガーデン事業」の損害賠償の和解調停内容についても掲載しております。
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行政処分内容調査せず、住民バス運行業務委託問題 委託は従来の第3セクへ 日本共産党 大郷町議会議員 千葉勇治/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる