予算裏付けない田中町長の新年度施政方針 おおさと民報829号 

明日が3月定例議会最終日。午後から30年度当初予算の採決が行われます。田中町長は半年前に町民第一主義を公約に町長に就任。この間じっくりと検討を重ね当初予算が提出されるものであり、その公約実現の予算と期待していたものの、その多くは先送りとなり、予算審査委員会では今後補正予算で対応していくというものであり、その姿勢が大きく疑われるところであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村井知事 農林系放射性廃棄物汚染物質焼却処分 科学的なことわからない

日本共産党内藤県議の質問から抜粋 放射能汚染廃棄物焼却処理の問題についてですがビックリしました。私が話したのはバグフィルターによる除去率が誤っているという話なんですね。それについて答弁では一言も触れられておりませんでした。あらためてそのことについての見解を聞かせてください。 環境生活部長後藤やすひろくん 答弁の中でも「多くの有識者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおさと民報827号 7人の議員が一般質問通告

我が家の後方にある築館公園の桜の木に着いた雪、まるで桜の花が満開のように綺麗。 大郷議会が5日~20日まで開かれます。施政方針では公約実現の内容を力説していますが、当初予算にも何も計上されていない様子。これらのことを一般質問で質していきたいと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村井県知事、バグフィルターに関する知識ないが国が安全と言っているから問題ないと無責任答弁

 2月28日に開催された県議会で、日本共産党の内藤隆司県議が一般質問で、村井県知事が強引に進めようとしている「放射能汚染廃棄物の焼却処理の問題について」質したところ、村井県知事は、「私や部長は専門家でないので分からない。しかし国が問題ないと言っているから大丈夫」、という極めて無責任な答弁を繰り返しています。内藤県議の再質問と、それに対す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more