「大和町吉田地区内での放射性汚染廃棄物の試験焼却計画は即白紙撤回を」について

大和町吉田地区内での放射性汚染廃棄物の試験焼却計画は即白紙撤回を」について
環境省や宮城県議会で、バグフィルターの集塵能力が99.9%という説明が誤りだったことを浅野理事長は認めながらも、それでも安全だと強行手段を変えようともせず、郡民の生命・財産を守る役割を放棄しようとしている姿勢に、郡民、周辺住民は黒川行政事務組合理事長や大和町長である浅野氏に怒りをぶっつけましょう。

"「大和町吉田地区内での放射性汚染廃棄物の試験焼却計画は即白紙撤回を」について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント