大郷町住民バスの指定管理者 また地域振興公社に

2015年3月議会で、民間に委託することで運転手に対する指導改善が期待できるとして強引に委託。千葉はその際、民間に任せるよりも、まずは町が公社に強く指導改善を求めることが先決と提案し、民間委託反対との意見を押し切って進めた結果、この間の3年近く 何にも改善が進まないまま、苦情だけが噴出し、その結果以前の公社の方がよりましという新町長(田中學氏)の考えで、臨時会が開かれ、また元の鞘に収まることに。今後の安全運行を求める住民に信頼を得られるよう、町側の強い指導が求められる。

画像
画像

"大郷町住民バスの指定管理者 また地域振興公社に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント