TPP参加阻止 宮城農政連はどこまで本気?

 5日夜、私の地域集会所で、あさひな農協総代会開催を前に、集落座談会が開かれた。厳しい農業情勢下で参加者は少なかったものの、地域の集落営農をになっている組織構成員などが出席し、25年度の事業計画に対し積極的な発言が出され、農協職員は小まめにメモを取っておられたが、今後の農協活動に反映されたいものである。  その中で、宮城農政連が7月に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地域住民総出で田圃用水堀の草刈り

 今朝6時から、恒例の用水堀のもくばらい(草刈り)が行われ一時間半ほど、地域のみなさんと一緒にいい汗を流してきました。用水堀の草刈りは昔から、農地面積の多少に関わらず、一戸から一人が出て、用水の流れを円滑にするため地域住民全体が共同しあって行なってきた長い歴史のある共同作業です。これらの作業も組み合わさって、農地の維持管理され今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPP参加で基幹産業は・生産組織は・・6月定例議会(5日~7日)に8名の議員が通告

羽生築館公園から、活着しはじめた羽生沖田園。背景にうっすらと見えるのが船形連峰の山々 千葉勇治の質問通告 TPP参加による本町への影響は   TPP参加がいかに私たちの生活を大変な状況に陥れるものかを明らかにしながら、参加に断固反対を訴える立場で、次の点について執行部の所見を求める。 ①本町の基幹産業である米と肉牛の生産量・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災復旧工事の置き土産、堤防法面に薄紫色の花の群生が・・

 午前中は大郷社会福祉協議会の評議員会、午後は大郷町シルバー人材センターの通常総会でそれぞれ挨拶する機会があり、TPPのその危険性について訴えてきました。アメリカの多国籍企業が中心になり、全ては利益中心の仕組みに日本の法律も変えられてしまう、大変危険な条約であり、ボランティアで働いている多くのみなさんにも、外国人の進出により、日本社会が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TPP阻止こそ国益 千葉勇治のTPP参加反対の大声銀座通りに響く・・・

東京集会に2000人 「TPP(環太平洋連携協定)参加をとめる!5・25大集会」に行ってきました。宮城から農民連を代表して7人が参加。私もその一人として宮城・そして大郷町民の断固反対の思いを東京西銀座の繁華街に、声を響かせてきました。集会では、TPP交渉のNGO活動に前日参加したアジア太平洋資料センターの内田聖子事務局長がとんぼ返り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あさひな管内で生産された子牛を購買された管内肥育農家に助成決定

 第4回あさひな和牛改良組合通常総会(総代会)が今日午後から「あさひな営農総合センター(大和町落合)」で開かれ、私も大郷支部からの代議員として出席、その中で「管内肥育素牛販売促進対策要領」が可決されました。その内容は次の通りです。 目的 あさひな管内で生産された子牛の販売促進を図り、育種価の早期判明及び優良子牛生産のために、あさひ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年も町から快く賛助金 平和行進の自治体要請

 23日午前、56回目となる、2013年原水爆禁止平和行進への賛助と核兵器全面禁止諸行動への自治体要請の一行が本町を訪れ、瀬戸副町長や小畑議会事務局長と懇談しました。町側からは賛助金と、国連まで届けるペナントへの署名協力と励ましをいただきました。  一行からは「ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ」に向け(6月19日(水)JAあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生特養施設「ウィング」で避難訓練

午後から羽生の丘にある特養施設「ウィング」で、深夜の1時に火災発生を想定しての避難訓練が実施された。施設の職員と一緒に地域の方々への協力要請もあり区長や消防団代表の方々と一緒に参加する。想定は深夜でも練習は日中なので緊迫感もあまり感じられず終了したが、これが想定通りの深夜だったら、入居している90名の他に、ショートで利用している方も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPは条約であり、日本の法律よりも上のもの 

 今日午後2時から多賀城文化センターで、「参院選勝利へ日本共産党と後援会の学習・決起集会」が開かれ田植えを休んで参加しました。そのなかで日本共産党参議院議員紙とも子さんの秘書である小倉正行さんが、「TPPは国を滅ぼす」と題する講演の冒頭に、「TPPは条約であり、日本の法律よりも上に位置づけられ、もし国会で批准されれば、TPPのもとにおい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「住民の声を町政に、国政に届け、元気な農村建設をめざして

「農民が農業で暮らせる社会」が私の信条です。国の指針が多くの国民が希望している安全な食料は日本の大地からの農業政策に転換し、家族的農業の良さが見直され、生産する喜びに老若男女があふれ踊る、活気ある農村建設のため、声を上げましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more